ここでは、【のんびり学ぶFX☆為替相場練習帳】での[2007年02月 ] に掲載した記事を表示しています。
【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】
■このブログを立ち上げた目的は過去の自分と同じような理由で迷っている多くの人達が、利益を残せる為替トレーダーとなるための道標として、参考にしていただける記事を掲載することにあります。

【注目の記事】
為替相場で利益を出す!
初心者、上手くいかない方にお勧め記事!
為替相場で負ける理由
どうして手法を過去検証するのか?
取引手法の過去検証で何を得るのか
儲かる手法を見極める基準
儲かる手法を見極める基準(の続き)

ダウ理論
テクニカル分析基本の基本!いつも頭の片隅に!
テクニカル分析の元祖
ダウ理論の基本法則(1)
ダウ理論の基本法則(2)
ダウ理論の基本法則(3)
ダウ理論の基本法則(4)
ダウ理論の基本法則(5)
ダウ理論の基本法則(6)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★為替相場で得た利益は貯蓄する?★

小ネタですので、気軽に読んでください(笑)。

MSN JAPANのページに理想の貯蓄法を占う!という項目を見つけました!

すぐに飛びついてみました(笑)。

私にお勧めの貯蓄法は、次のとおり。

ここから→

使用目的を決めることが大事
それほど浪費家ではないあなた。貯蓄額が上がらない原因は、「これに使う!」というハッキリした目的がないことかも。あなたの場合、目的もなく貯金するのはちょっとムリ。貯めたお金をどのように有効活用するか決めることが、貯蓄額を左右する予感。ブランドのバックや車を買うなど、使用目的が大きくなればなるほど、俄然貯める意欲が湧くはず。目的毎に「貯蓄専用口座」などを開くのも○

←ここまで引用

目的を決めましょうという事ですね。
偶然にも朝の記事と共通点がありました。
う~ん、バックなら、憧れのバーキンですね。
車はスポーツタイプのジャガーか、もしくはカマロかな。

まずは物欲を満たすことを考えてしまいました(笑)。

月ごとにテーマは変わるようですので、もしかしたら今日までで終了かもしれません。
気になった方は急ぎましょう。

スポンサーサイト
【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★為替取引が上達するために必要な事は何か?★

上達するために必要な事はたくさんありますが、私自身の経験から得た内容で書きます。

まず、自分の手法が勝てる手法であることを確認する。

これは過去チャートの検証から始めなければなりません。
確認することによって手法に対して信頼感が生まれます。
信頼感を元に自分の手法を信じることが必要です。

それからデモトレードによってその手法の有効性を確認します。
またリアルタイムでの具体的な値動きをつかみます。
デモトレードは数ヶ月にわたり行うことが必要です。
結果が出始めた時点で目標を建てましょう。
具体的な金額のほうが良いです。
そして達成したら常時目標を上げていきます。
それにより積極性が生まれます。

デモトレードの結果が良好であれば低レバレッジでリアルトレードに移行します。
低レバレッジとは1倍以下のことを言います。
結果が出始めても、ただ漫然と取引してはいけません。
デモトレードと同様に常にひとつ上に目標をたててください。

おそらくここまで来れば、あなたは確実に上達しているはずです。
それぞれのポイントでは、さらに細かい注意が必要となりますが、それらは過去記事にも書きましたし、今後も記事にしていくつもりです。

あなたの最終目的は利益を残せる為替トレーダーとなることです。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★いまさら人には聞けない為替とは何か★

初心者や入門者、もしくは、たまたまこのブログを覗いてしまった方のために基礎的なことを記事にしてみます。

為替とは何なのか?

手形、小切手、郵便為替や銀行振込などによって金銭貸借を決済する方法です。
離れた地域にいる債権者と債務者の間で貸借を決済する場合、遠隔地に現金を輸送する危険や不便を避けるために用いられます。
日本の鎌倉・室町時代には「かわし」といい、銭のほか米などの納入・取引に利用されました。

さらに同一国内での為替取引を、内国為替、海外との為替取引を外国為替というように区別します。

現金の移送を伴わない、ということが特徴ですね。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★損失に耐える事の意味を誤解してはいけない★

昨日の記事★あなたの口座はどこまで損失に耐えられるか?★を書いたあとにふと思ったことがあり、それを今日は記事にしたいと思います。

損失に耐えるという表現が悪かったかな、と正直思いました。
損失を受け入れる、と書いたほうが分かりやすいかと。

私が言う、損失とは利益をあげ続けるために必要な損失という事です。
トレンドと逆のポジションを持ち、トレンドが戻るまでひたすら待つ、という耐え方ではありません。

似非スワップ派の方の中には上記のような耐え方をする人もいるようですが、そのような状況から生き残ることが出来たのはただ運が良かったからに過ぎません。
運にまかせて利益を上げ続けることは不可能です。

いわゆるスワップ派と呼ばれる方たちがトレンドと逆にポジションを持ち、しかもそれを損切りしないのはポジションに対して膨大な資金力を背景にしているからです。
彼らは最大ドローダウンが発生したとしても、それは総資金の数パーセントになるように手持ちのポジションを管理しています。

[【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】★損失に耐える事の意味を誤解してはいけない★]の続きを読む
【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★日銀総裁の『投資の勧め』発言に思う事★

リスクマネーとは、投資に投入される資金のことをいうのですが、あなたの家計にそのような余剰資金って、ありますか?

私は確かに為替相場に余剰資金で投資をしていますが、それは家計とはまったく別で、こつこつと数年かけて蓄えてきたものです。
家計の出費を抑えて蓄えた貯金とはまったく別物なのですが、福井総裁の発言におけるリスクマネーとは貯金のことをいってるのでしょうか?

投資に関して、教育を受けていない日本国民に対して投資を勧めるような発言は、悪徳業者の勧誘と変わりない気がします。

ヤフーニュースより転載

ここから→

日銀の福井俊彦総裁は25日、都内で講演し、1500兆円に上る日本の家計の金融資産のうち、株式と投資信託の割合が計約15%にとどまっているとした上で、家計資産には「リスクマネーとして活性化され得る潜在的な力が、まだかなり眠っている可能性がある」と指摘した。さらに、貯蓄率が低下しても、同資産が株式投資などに回って経済が活性化すれば「成長率が高まることも十分にあり得る」と強調した。

←ここまで

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★あなたの口座は損失にどこまで耐える事が出来るか★

為替相場で取引を繰り返している中で、連続して損失を被るときがあります。
あなたの使用している手法が勝てる手法であったとしても、まったく損失をださないという事はありません。
過去チャートでの検証をされた方であれば最大連続損失回数を把握していることでしょう。
それを知っておくことにより、自分の口座がどこまで損失に耐える事ができるのか、おおよその目処が立てられます。

その損失以下になるように、1取引あたりの資金やポジションの数を調整することが必要なのです。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★アービトラージ、または裁定取引について★

裁量取引と似ている言葉ですが、裁定取引という言葉は意味が全く違います。

英語ではarbitrage(アービトラージ)といいます。
辞書で引くと「相対立する当事者間に意見の不一致が有る場合に、第三者が裁断を下すこと。」とあるように、自分ではなく第三者が決定することです。

取引では同じような値動きをする2つのものについて、割高になったものを売って同時に割安なほうを買い、割高・割安が解消されたら手仕舞う取引の方法です。

昨年末から話題になった為替情報商材も同じようなタイトルでしたね。 あれは指標発等の大きく動くタイミングに業者間のレートの遅延を利用するものだそうです。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★星野仙一氏に会いたかった!東京外為ショー落選のお知らせ★

昨晩、外為どっとコムから、「落選のお知らせ~」なんたらかんたらというメールが届いていました。
3月に行われる東京外為ショーの観覧に応募していたのですが、残念ながら落選しました。

目玉は竹中平蔵氏の講演のようですが、私的には他の誰よりも星野仙一氏のお話を聞きたかったです。
ついでに酒匂氏のお話も聞ければラッキー・・・だったのですが、落選です。

そのメールによりますと、当日の模様は外為どっとコムにて動画で見れるようになるようですので、それを楽しみに待ちましょう。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★秋田県の子育て税★

子供を持つ親から税金を取るのか!
と、短絡的思考をされた方は私と同じレベルです。

表記の仕方が悪いですね。
せめて子育て支援税としなければ内容が伝わりません。
全国でも初の導入なのだそうで「子育て支援と教育充実を推進するための新たな県民負担」という事です。

秋田県の試算では25億円の収入が見込めるそうなのですが、やはり反対意見もあるそうで、公務員の給料をかわりに削減しなさいとかアンケートには書いてありました。

でも、まずは余計な支出を減らすこと。

[【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】★秋田県の子育て税★]の続きを読む
【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★為替相場・今週のデモトレード結果★

現在研究中の手法によるデモトレードの結果です。

USD/JPY 121.77S→119.75 +202pips(先週より持ち越し分)
USD/JPY 121.39L→119.85 +46pips
USD/JPY 119.54S→119.92 -38pips

損小利大を目指してます。 日銀利上げ報道前後の動きに振り落とされてしまいました(涙)。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★私にとって為替相場は出発点★

為替相場で利益を残すことを目指し、利益が生まれるようになり、それで何をしたいか、というお話です。

どうして急にこんな記事を書こうと思ったのかというと、Yahooニュースで厚生労働省が熊本市に設置されようとしている「赤ちゃんポスト」を認める見解を示すという記事を見たからです。

[【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】★私にとって為替取引は出発点★]の続きを読む
【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★裁量取引って何だろう?★

相場に関する用語ですが、裁量取引とは自分自身の判断で売買ポイントを決定することです。
需給動向や経済情勢、地勢などのファンダメンタル、またテクニカル分析の結果を自分で判断して、その時の状況によって成り行き(だけとは限りませんが)売買することです。

その成否はやはり個人の力量によります。
初心者が中途半端な知識を元に行っても、偶然上手くいくことはあっても、失敗することのほうが多いでしょう。
かといって、ベテランの方が必ず上手くトレードできるとも限りません。

私自身の個人的な感想ですが・・・。

[【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】★裁量取引って何だろう?★]の続きを読む
【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★為替相場で裁量とシステムトレード、どちらが有利?★

現在デモトレードで検証している手法は、過去チャートの検証時は完全にシステムトレードを意識してたのですが、実際にデモに移行してからはかなり裁量が入っています。
というわけで、裁量とシステムどちらが有利なのか考えてみました。

システムとはあくまでテクニカルの基準に従い売買するわけで、そこに感情が入らない、という事が一番の利点とされてますし、私自身もそのように思っています。
思惑取引、と言われますが、値ごろ感だけで売買し失敗したというお話は良く聞きます。
私も経験があります。
じゃあ、システムで売買すれば問題ないじゃない、と思われるかもしれません。
でも、それだけじゃないのですね。

[【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】★為替相場で裁量とシステムトレード、どちらが有利?★]の続きを読む
【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★ルールを守れないアメリカ人★

為替相場とは関係ないのですが、驚きのニュースがありました。
先日も築地市場の移転に関しての問題を掲載しましたが、今度はアメリカ産牛肉についてです。

以前から、小さく報道されていましたし、韓国では確か危険部位が混入されたということで再び輸入禁止になったと思います。
でも小さな問題ではありません。
私達は狂牛病に汚染されている可能性のある牛肉を無理やり押し付けられようとしているのでしょうか。
決められたルールを守れないアメリカ人に対して消費者の一人として非難の声を上げたいと思います。

トップがこの程度の認識しかないようではアメリカという国のレベルはしれてます。
そんな国の為替トレーダーには負けたくありませんね(笑)。

ヤフーニュースより引用

ここから→

ジョハンズ米農務長官は20日、日本に輸入された米国産牛肉から輸入条件違反の牛肉が見つかった問題について「極めて小さな問題であるべきだ」と述べ、米政府が日本に輸入条件緩和を求めていく姿勢に変わりないことを強調した。ワシントンで記者団に語った。

←ここまで

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★為替手法のプライベート・セミナーを受講しました!★

この二日ぐらい風邪気味で体調不良です。
しかし為替相場は個人の体調に合わせて動いてくれるわけも無く、なんとか後を付いて行くよう努力しています。

ところで、先週末ですが、個人の投資家の方のプライベート・セミナーを受講しました。
実際に利益をだしている方の手法を直に触れる機会はなかなかありませんので、夜10時からという遅い時間でしたが、頑張って参加しました。 当初はちょっと瞼が下がりそうになる思いもしましたが、すぐに目が覚めましたね。
内容については、守秘義務がありますので、細かいことは述べられませんが、伝統的な手法について、その方の経験を伝授していただきました。

やっぱり意識が高い方は成功しますね。

終了したのは翌日の2時近く。
非常に内容が濃く、得るものが多かったので良かったです。
なんとか、私の手法の中にそこで得たものを反映していきたいですね。
さらに高みを目指したいと思っています。

利益を残せるトレーダーから利益を生み出すトレーダーになることが私のテーマでしょうか。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★為替で儲けても意味がない!食生活の危機に直面!★

私が為替相場で利益を残そうとしている理由のひとつは、より良い生活をするためです。
しかし、より良い生活という理想を根底から覆すような事実が発覚しています。
なによりも、私が好きな美味しいお刺身が安心して食べられないのは困ります(笑)。

ここから引用→

築地市場移転、豊洲の土壌汚染やっぱり深刻
(ゲンダイネット - 02月18日 10:00)
東京都・石原慎太郎知事(74)が推進する「築地市場」の移転予定地は有害物質まみれ――。

社民党の阿部知子議員が13日の衆院予算委で指摘した問題はショッキングだった。築地市場といえば、東京都民に魚などの生鮮食品を届ける台所。12年度に江東区豊洲に移る予定だが、ここは「東京ガス」の工場跡地。土壌汚染が深刻だというのだ。

阿部議員の質疑によれば、「有害物質が出るわ出るわ。たとえばヒ素は超過倍率で49倍。シアンはゼロでなくてはいけないものが490倍。ベンゼンは1500倍」。

これらはいずれも健康被害をもたらす発がん物質だ。こんなところに市場が移れば魚は毒物まみれになってしまう。

若林環境相は「2メートル掘り下げて、その土壌をクリーンにする。その上にさらに2.5メートルの土壌を積み重ねる。4.5メートルの汚染されていない土壌を置いて、その上にアスファルトを敷く。安全上の問題はない」と答弁したが、こんなのはウソだ。

●発がん物質は通常の1500倍
日本環境学会会長で大阪市立大大学院教授の畑明郎氏はこう言う。
「最も懸念されるのは有毒ガス。ベンゼンや水銀、シアンは蒸発して空気中を漂います。アスファルトで舗装しても割れ目から漏れてしまう。それが魚に吸着する恐れがあるのです。また、土ぼこりが舞って、汚染された土壌が直接付着する可能性もある。さらに汚染地下水も危ない。潮が満ちれば地下水位は上昇するし、地震が起きれば液状化現象で地表に噴き出してくる。今でも2、3メートル掘れば地下水が出てくるため、2.5メートルの盛り土くらいではどうにもなりません」
それにもかかわらず、環境相はコトの重大さを分かっていないのか、知りながらトボケているのか、都の計画の太鼓持ちをやっているのだ。この問題を追及するジャーナリストの池上正樹氏は、「98年までは都も豊洲への移転には反対で、築地を再整備する方針だった。それが99年、石原知事就任の前後から突然方針転換した」という。東京都民はきっちり説明を求めるべきだ。

←ここまで引用

築地市場の移転は石原知事が推進していると思えるのですが、上記のような最悪環境で生鮮食品をやりとりするというのはいかがなものでしょう?
知事はお年なので、汚染された食品を食べ続けたとしても問題ないと思いますが、私達の子供の世代は何十年とそのような食品を食べ続け、体に悪影響のある物質が蓄積されるのではないでしょうか?
議員の皆様は、アメリカ産牛肉のように、お刺身を食べるパフォーマンスでもされるのですかね。
中国に対する歯に衣を着せぬ発言には大いに共感しますが、将来の健康被害が予想されるような施策には反対したいと思います。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★日銀の利上げとか、ファンダメンタル的な事について★

利上げについては、色々な方が色々なところで語っていらっしゃいますので、その影響についてあれこれ言うことはありません。

あえて言わせていただくならば、じゃあ、どっちなの(怒)、上げるの、上げないの?はっきりしなさい!

コメントされる方の多くはどちらとも取れるような結論を述べていらっしゃいますので、私には理解できません。

ファンダメンタル的な発言をされる方というのは、良く市場に折込み済みであった、という言い方をします。
つまりダウ理論では市場は全ての事象を取り込んですぐに反映するという事なのです。
それが早い段階から反映されるのか、それとも発表されてから反映されるのか、という違いがあるのですが、折込済みという表現は早い段階から市場に反映されていますよ、という事を言いたいわけですね。

はっきり言わせていただきますが、ファンダメンタリストの解説の中にこの言葉が出てきたときは、ただの言い訳だと思ってください。

その言葉に過去、どれだけ惑わされたか。
信用できるのは目の前の価格と、自分自身の判断です。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★外為取引で追徴100人、申告漏れ半年で計20億円★

外国為替証拠金取引で利益をだされた方々、法に従い、ちゃんと税金を払っていますか?(笑)

無茶苦茶利益を上げている方ほど、税金を払っていないようです。
私はほどほどですので、ちゃんと払いました(涙)。

YOMIURI ONLINEよりそのまま引用です。

ここから→

個人投資家向けの外貨金融商品として人気の高い「外国為替証拠金取引」(FX)で多額の利益を得ながら税務申告を逃れたとして、投資家が国税当局から相次いで追徴課税されていることが分かった。

昨年12月までの半年間だけで100人を超え、申告漏れ総額は約20億円に上るとみられる。1年間で数億円の利益を上げながら無申告の投資家もいた。取引業者には一部を除き、個別の取引を記した書類を税務署に提出する義務のないことが、相次ぐ申告漏れの背景にあり、税法の不備が浮かび上がった形だ。

外為証拠金取引は、元手となる証拠金の数倍から数百倍に上る米ドルや欧州ユーロなどの外貨を売買し、為替の変動による利益を狙う。リスクも大きいが、わずかな手持ち資金でハイリターンを期待でき、インターネットで24時間取引できることもあって、投資家の人気を集めている。

←ここまで。

ネット上のニュースはいつの間にか消えてしまうことも多いので、そのまま転載しました。

このような問題が続けば、そのうち個別取引の結果も取引業者から税務署へ出されるように変わっていくのではないでしょうか。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★戦う投資家糸山英太郎氏が日本経済新聞社に吼える!★

糸山英太郎氏のコラムが更新されました。

今回は不正会計処理問題で日興CGが監理ポスト入りしたにも関わらず、未だに日経平均採用銘柄としている日本経済新聞社に対して、投資家保護の観点から、苦情を申し立てています。

いえ、はっきり喧嘩を売ってます(笑)。

個人的には糸山英太郎氏を応援したいですね。
ぜひ、コラムを読んでみてください。

こちら

日本経済新聞社の見識を疑う なぜ日興CGが今でも日経平均採用銘柄なのか?

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★為替相場・今週のデモトレード結果★

現在研究中の手法によるデモトレードの結果です。

USD/JPY 121.77S→保持中(SL 119.75)
USD/JPY 121.31L→121.10 -21pips
USD/JPY 119.50L→119.20 -30pips

と、まあ、こんな感じで損小利大を目指しています。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★チャートで見る相場の心理★

私は初心者の方や、儲からない方には、とりあえずひとつの通貨ペアを見続けることをお勧めしています。
その通貨ペアがどのように動くのか、把握できていることはとても重要だと思っています。
時間帯による動きや、保ち合いからの放たれる方向、特徴など、見ているだけでも多くの情報が得られます。
指標発表時の動きなども、理解しなくてもかまわないので、動き方を見ることをお勧めしてます。
見続けることで、抵抗線、支持線、トレンドライン等にも自然に目が行くようになるでしょう。

基本的にロウソク足でチャートを見ます。
どうしてかというと、市場参加者の心理状態が非常に良く分かるからです。
上昇トレンドが緩やかになって、持ち合いに入る部分は、少し時間軸をさかのぼると同じようなレベルで持合になっていたりと、発見があるはずです。
そういった部分は私だけでなく、多くの市場参加者が注目している部分です。
そのレベルに近づいたら、市場参加者は警戒して売り買いが交錯し、抜ければ大きく動きます。

その大きく動くポイントが、ある時点から見えるようになると思います。
おそらくそれは、あなたが市場参加者の心理状態を読めるようになったからです。
ここで売ろう、ここで買おうと常に考えながらチャートを見ていればあなたも同じ心理状態を感じ取れるようになるでしょう。
この段階までくれば、あとはエントリー/エグジットの技術で為替相場を生き抜いていくことが出来るはずです。

そのためにはひたすら、ひとつの通貨ペアを見つづけることが重要です。

P.S 本日は時間未定ですが、今週のデモ取引結果を公表します。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★ひとつの取引手法に精通する大切さ★

初心者や儲からない人が失敗している原因のひとつがひんぱんに取引手法を変えすぎるということ。
誰かが、この手法で儲かった、とか、これが上手くいく、なんて言うと興味を持って目移りしてしまう。

今の情報商材の販売方法なんて、まさにそういう点を突いて初心者を取り込んでいます。

私も初心者の頃は、同じような状況でしたので、その気持ちは分からないでもないのですが、いろいろ失敗を重ねた経験から、やはり手法は変えないほうが良いと言えます。

ただ、その手法が使えるかどうかは何度もデモを使用して検証する必要があります。
いきなりリアルトレードをやり始めたら、たとえ儲かる手法でも間違いなく資金を失うことでしょう。

ひとつの手法にこだわるのは、為替相場の状況において、その手法における売買サインがどのように反応するかをしっかり理解する必要があるからです。
全ての状況に対応できる万能な手法なんてありません。
ただし、絶対的に得意な場面が、儲かる手法には存在します。
そのポイントを見極めるためにもひとつの手法をじっくりと検証する必要があるのです。
そしてそのポイント以外では仕掛けないこと。
それが初心者脱却、また利益を残せトレーダーとなる第一歩なのです。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★すぐ隣にある為替変動要因はこれです★

為替変動要因、日本の抱える地政学的リスクとは、北朝鮮に他ならないでしょう。
6ヶ国協議で核放棄に合意し、共同文書が採択されたにもかかわらず、内容を自国に都合の良いように勝手に解釈しているようです。

情報の入ってこない国の動きは不気味としか言い様がないです。
まるで情報商材(笑)。
笑い事ではありませんでした。
そのうち、採択された共同文書も、担当者が勝手にサインした、とか言い出しかねません。
共通のルールが通じない相手に対しては、攻略方法は非常に限られてしまいます。
血気の多いアメリカが、というかアメリカ国内の軍需産業が新たな収入源を見つけたと思いませんように願っています。

これまで同様、日本や中国にとっては北朝鮮という国がリスクのまま存在していることには注意すべきでしょう。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★キャピタルゲインとキャピタルロス★

外為どっとコムにあった酒匂氏のセミナー動画(為替の学校)を見ていてキャピタルゲインという言葉が耳につきました。
基本的な用語ですので簡単に説明しておきます。

キャピタルゲイン(capital gain)とは、保有していた資産(土地、株、外貨、証券など)の値段が変動することによって得られる収益のことをいいます。
一般的には価格が変動するものを安く購入して、高くなった時に売却して得られる値上がり差益がキャピタルゲインです。

これとは逆に高くなると思い保有した資産が、値下がりしてしまい、そこで売却し損失が発生したものをキャピタルロスといいます。

ところで、酒匂氏は英語が堪能且つ非常に早口ですので、お話を聞くには集中力が必要ですね(笑)。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★米貿易赤字5年連続過去最大を更新、これは何をもたらすか?★

アメリカの貿易赤字が5年連続で過去最大を更新しました。
さらに国別では1位の対中国で5年連続、2位の対日本で2年連続の過去最大を更新したようです。

はっきり言ってアメリカという国は自国の抱える問題の解決策を外に求めたがる傾向が強いです。
特に貿易不均衡に関しては、対中国、そして日本に対し圧力が強まってくると思います。
現在の円安状況が、この赤字を増加させている一因でもあるので、短期的には流れが変わる可能性もあります。

為替に関してはさらっと流しますが、貿易不均衡に限らず、アメリカ国内には構造的な問題が多いと、外側から眺めている私は思います。

数年前に話題になったボーリング・フォー・コロンバインという映画をご存知でしょうか。
あの映画は監督がシナリオに沿って様々な映像を編集した半分フィクションといえる作品ですが、アメリカでなぜ銃が規制されないのか、という理由を私達に分かりやすく示してくれました。
簡単に言えば力(お金)のある組織が政治家を動かしているということです。
映画に描かれた全米ライフル協会であるとか、宗教団体のPower For Livingであるとかが自分達にとって良い環境を作り上げる目的で議員に対して寄付をするわけです。
当然寄付を受けた議員は団体のために便宜を図ります。
その構図自体は悪いことでも何でもなく当然の事だと私は理解していますが、作り上げられる環境が万人にとってのものでない事は問題でしょうね。
今後、食肉業界からの圧力で狂牛病の可能性のある牛肉が出回ったりとかするのでしょうか。
かなり怖いです。
輸入販売する方たちの良識を信じるしかありませんね。

日本でも直接目に見えてこないだけで状況は同じかもしれません。
どうせなら私達も力をつけて、政策に携わるようになれれば良いと思います。
外国為替証拠金取引はそのためのひとつの道だと信じています。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★為替の学校・校則は覚えていた方が良い★

昨日は、ストリーミング動画を保存する方法が分かったので、外為どっとコムの為替の学校をパソコンに取り込んでました。
他の人の予想は気にしませんが、考え方は私自身のシステムを構成する参考になるので、大いに気にします。
セミナーとかはなかなか行けませんので、外為どっとコムのように動画を公開しているところは便利です。

為替の学校の特集ページに酒匂隆雄氏が構成したと思われる校則がありましたのでそのまま転載しておきます。
酒匂氏の予想は全く当てにしませんが、為替以外のお話やディーラー時代の裏話は非常に面白い方なので、とても好きな方です。
校則は、初心者が為替取引に臨むにあたって注意すべきことが、そのままあげられていますので、ぜひ覚えておくと良いかと思います。

為替の学校・校則

1.自分に合った規律を自分で作り、それを守る。
-利益目標、損切り限度額を設定し、忠実にそれを守る。

2.謙虚になる。
-人間、どうしても自分が取った行動を正当化したがる。
誰が何と言おうと、市場が常に正しい。間違ったら潔く負けを認めよ。

3.妬まない。
-他人が何をどうしようといいではないか。放っておきなさい。

4.分相応に行動する。
-レバレッジを大きくすると、利益も大きいが損失も大きくなる。
アマチュア投資家であることを自覚して、無茶をしない。

5.常に向上心を忘れない。
-為替取引には、究極の方法など有りはしない。錯誤を極力小さくしながら、常に試行錯誤を繰り返して前向きに進む努力をする。

6.健康第一。
-いくら儲かっても、体を壊したらそれでお終い。
睡眠時間を削ってまで為替取引にのめり込んでは駄目。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★損切りのポイントはどこで入れると良いのか?★

損切りが絶対必要な事は頭で理解できるのですけど、では、実際どこで損切りするか悩みますよね。
ずっとチャートを見ている事が出来る方は、値が逆に動き始めたらポジションを決済する事もできますが、私のように本業を持っていて日中はなかなかチャートを見れない方はどうすればいいのでしょうか?

ひとつの例を紹介します。
これはエルダー博士の投資苑で紹介されていた損切りポイントの入れ方です。

ポジションのひとつにつき、損失が総資金の2%となる点を損切りポイントとします。
そしてポジション自体はすべて損切りしたとしても6%を越えないようにします。
つまり資金が100万持っていたとして、ドル円のポジションを1万通貨単位持っていたとしましょう。
この場合、100万の2%の2万円の損失が出る部分が損切りポイントとなりますので、仮に122円売りでポジションを持っていたとしたら、124円までは耐える、という事になります。
まあ、今の説明ではマイナススワップや手数料は考慮していませんが、実際に行うときはそれらも含めるべきでしょう。

上記の損切り方法はマネーマネージメント的な考え方を取り入れています。
私の現在の損切りポイントの入れ方は、これとは異なってきていますが、初心者の頃にこの方法を知ってかなり驚きましたね。
それ以来、マネーマネージメントに興味をもって勉強しています。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★為替取引系情報商材と、そのトラックバックについて★

いつも閲覧いただき本当にありがとうございます。
毎日少しずつ記事を書き溜め、もうすぐ最初の目標の100ページになろうとしています。
現在はまだブログを始めて間もないこともあり、心理面についての記事が多いですが、技術系の記事も増えていきますので、今後もよろしくお願いいたします。
のんびりした進行状況ですが、長いスタンスで捕らえていただけると嬉しいです。

ところで、ブログを書きはじめて以来、トラックバックを何度かいただいております。
私自身も、もちろんトラックバックをしますが、頂いた内容を見ますと為替取引に関する記事からも多少はありますが、ほとんどが情報商材の宣伝のように思いました。

情報商材に対する私の考えとしては過去の記事にもありますように、内容が分からない、高価である、という2点を重視し、否定的な立場を取っています。

もちろん、商材を使用して利益を上げている方もおられると思います。
しかし私自身が内容を理解していないものを、トラックバックという間接的な方法ではありますが、勧める状況となっている現状が良いとは思えません。

上記の理由により、これまでトラックバックしていただいた方々には大変申し訳ないのですが、ひとつひとつ内容を確認し、商材の宣伝のみのものについては消去させていただきたいと思います。
また、今後のものについても同様の作業をしたいと思いますので、御理解願います。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★損切りについて思うこと★

日本人は損失を出すことに対して本能的に拒否反応を示す民族だそうです。
しかし、為替差益を狙う取引手法においては、損切りは絶対に必要だと思います。

円キャリートレードとか、スワップ派などといわれる高金利通貨を持つことによって、日々加わる金利を目的とされている方の中には損切りをされない方もいらっしゃるようですが、そのような方でも、持っているポジションのレバレッジにもよると思いますが、やっぱり損切りをしたほうが良いのではないでしょうか。

私も過去に損きりを入れなかった時期がありましたが、利益が出ているときは良いのですが、マイナス方向に動いているときのストレスは相当なものがありました。
正直、すべてなくしても良いと覚悟して、そのポジションを持ち続けましたので、結局マージンコールになるまで放置状態でした。
その経験はまたいつか書くとして、とにかく損切りはしたほうが良いです。

なぜ、急にこんな事を書き始めたかというと、かなり深刻な状況に陥っている方のご相談を受けたからなのです。
はっきり言わせていただきましたが、私にはどうしようもありません。

そのポジションを持ち続けたことが間違いだと思いますが、持っていたら、さらに損失が膨らむかもしれません。
もしかしたら戻るかもしれません。
それは私にはわかりませんし、どのようにすれば良いのかもわかりません。

こんな内容で返事をしました。
冷たく突き放してしまいましたが、本当に私には助けてあげられることはないのです。

投資は自己責任。
あと、ポジション持ったら損切りは必ず入れること。
そんな事が頭の中でぐるぐる回ってました。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★宗教とか、成功哲学とか、為替相場とか★

ちょっと前に何のCMか分からなくて話題になりましたけど、Power For Livingってありましたよね。
結局、キリスト教系の新興宗教ということで決着がつきましたけど、私はそれを知って宗教って宣伝するんだ~、と思いました。
でも、良く考えれば日本でも初詣は何々神社へ、とか創価学会とかも広告うってますからね。
ただ、Power For Livingが他と違うのは知名度が低くて私達には宗教の広告だと理解できなかったこと。
そして出演した方たちがPower For Livingによって成功したようなイメージを受けたので成功哲学と思い込んだこと。
でも蓋をあけてみたらキリスト教系の布教活動(?)だったので余計不気味に思え、規模が大きかったこともあり、話題になったのでしょう。

で、私なんですけど、うま~く乗せられて本を申し込んでしまいました(笑)。
前置きが、長いです(笑)。

到着した本、というか小冊子をちらっと見て、やはり宗教と成功哲学を結び付けていると感じました。
信じると成功する。
簡単に書くとこんな事です。
ナポレオン・ソロとかの成功哲学では目的を持って、それを無意識レベルまで強く信じることによって成功する、としています。
それとも似ていますが、実は違いますよね。
信じるの対象はキリストなんですから。

そこで大半の人は拒否反応を起こすのではないでしょうか。
だって、私も含めて、お正月には神社へ初詣に行き、お盆にはお寺でお墓参りに行き、クリスマスはケーキを食べる!という方がほとんどだと思うからです。
今回の勧誘活動は失敗すると私は思ってます。
あ、でも小冊子を申し込んでしまった時点で成功したのかな?

目的をもって、それを意識しながら活動するという事は、確かに目的達成への近道だと思います。
為替に関する知識・技術を身につけるために努力する事も同じことです。
やはり強く望む人、意識の高い人が目的を達成する事が多いようです。 だからといってキリスト様に頼るのはどうなのでしょうか。
まあ、家族とか恋人とかに心のよりどころがない方はいいのかもしれませんね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。