ここでは、【のんびり学ぶFX☆為替相場練習帳】での[2007年11月 ] に掲載した記事を表示しています。
【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】
■このブログを立ち上げた目的は過去の自分と同じような理由で迷っている多くの人達が、利益を残せる為替トレーダーとなるための道標として、参考にしていただける記事を掲載することにあります。

【注目の記事】
為替相場で利益を出す!
初心者、上手くいかない方にお勧め記事!
為替相場で負ける理由
どうして手法を過去検証するのか?
取引手法の過去検証で何を得るのか
儲かる手法を見極める基準
儲かる手法を見極める基準(の続き)

ダウ理論
テクニカル分析基本の基本!いつも頭の片隅に!
テクニカル分析の元祖
ダウ理論の基本法則(1)
ダウ理論の基本法則(2)
ダウ理論の基本法則(3)
ダウ理論の基本法則(4)
ダウ理論の基本法則(5)
ダウ理論の基本法則(6)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★硬派為替ブログ発見・あさみのチャレンジFX!★

久しぶりに硬派のブログを発見したようです(笑)。
忘れないうちに、メモしておきます。
記事をメモがわりに使って申し訳ありません。

あさみのチャレンジFX!

スポンサーサイト
【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★日々の収益目標を立てる★

人によって適不適がある目標の掲げ方かもしれませんが、一つの例として紹介しておきます。

最近お話したトレーダーさんから、日々の収益目標を立てているという事をお聞きしました。
達成出来ても、出来なくても良いそうですが、目標を掲げることで、相場に向かう意識が変わってくるそうです。
もちろん、良い方に。

大きな目標を掲げていて、それに一日ずつ近づく為に日々の収益目標を立てているそうなのですが、そのお話を聴いて、私には盲点だったな~と思いましたね。

具体的に形になる結果がもたらされるので、非常に意識しやすいと思います。
ただ、私の場合、負けが込むと、目に見えて残高が減ってきて逆効果かもしれません(笑)。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★全力売り、事の顛末★

さて、ドル円全力売り後の状況ですが・・・あっさり110円台にもどりましたね(笑)。

ポジションは、手数料分、ストップを移動しておいたので、すべてそこで決済されました。
でも、スワップ分マイナスなんですよね~。
微々たる損失ですけど、複雑な気分です。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★窓明け、窓埋め、全力売り★

昨日の私の行動です(笑)。

先週末にドル円は大きく下落しました。
私は週明け、つまり月曜朝に注目していました。
窓を開けての始値でしたので、下落の力が強いと判断します。
先週末から売っている方々の買戻しによりお約束どおり窓埋めしました。
そこからが私が本当に必死になって注目していたところです。
窓を埋めて上昇するのか、それとも再び下落するのか。

結果的には再び売られてきましたので、私もそれに乗って売り参入です。
直近安値を更新してきたので、さらに売り増しをしました。
ロンドン時間にはさらに下落。
おそらく、ロングポジションの放り投げを巻き込んで下落が加速したのでしょう。
119円前半でやや足踏み状態で、また利益確定のための買戻しもみられて、一旦119円後半に戻しますが、再度下値を探ってきました。
119円半ばまで戻ったので、さらに下落を狙っています。

私の攻撃的取引の一例です(笑)。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★為替やるならこの本を読め★

タートル本の記事が話題になっていたのは、2ちゃんねるの為替スレッドのひとつなのですが、簡単に紹介しておきます。

為替やるならこの本を読め Part5

あえてリンクは張りませんので、Google等で検索してお探しください。
スレッドtopに紹介されている基本書は、私が大いに影響を受けたものが多数あります。
いずれ別の記事で紹介したいと思いますが、基本書と言って良いでしょう。
2ちゃんねるのスレッドなのですが、書き込み内容には玉石あることを理解し取捨選択して読めば、かなりの良スレッドであると思っています。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★タートル流投資の魔術★

2ちゃんねるでやや話題になっていましたので興味を持ち読んでみました。

有名なタートルというトレーダー集団は成功するべく養成されたものであることが明らかになっています。
タートルについてこれまで私が見聞きした事は、手法に特別な秘密が存在する等、本当かどうか分からない不確かな噂でしたが、実際は、何百人もの候補から絞って選ばれた資質のあるわずかな人々に厳密なルールを与え訓練させたようです。
訓練段階でルールを守りきれないトレーダーは選別され振り落とされるので残ったのは、それこそ精鋭ともいうべきトレーダーばかり、その後の成功は当然の結果かと思います。
タートルが使用した手法やバックテストにも触れられていますが、秘密など何も無く、その手法を厳密に運用できる心が重要であったことが述べられています。
もっとも、その心の部分が非常に難しいところであることは、実際にトレードされている方々には良く理解できるのではないでしょうか。

伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術 伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術
カーティス・フェイス (2007/10/17)
徳間書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。