ここでは、【のんびり学ぶFX☆為替相場練習帳】での[2007年12月 ] に掲載した記事を表示しています。
【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】
■このブログを立ち上げた目的は過去の自分と同じような理由で迷っている多くの人達が、利益を残せる為替トレーダーとなるための道標として、参考にしていただける記事を掲載することにあります。

【注目の記事】
為替相場で利益を出す!
初心者、上手くいかない方にお勧め記事!
為替相場で負ける理由
どうして手法を過去検証するのか?
取引手法の過去検証で何を得るのか
儲かる手法を見極める基準
儲かる手法を見極める基準(の続き)

ダウ理論
テクニカル分析基本の基本!いつも頭の片隅に!
テクニカル分析の元祖
ダウ理論の基本法則(1)
ダウ理論の基本法則(2)
ダウ理論の基本法則(3)
ダウ理論の基本法則(4)
ダウ理論の基本法則(5)
ダウ理論の基本法則(6)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★優良?詐欺?あさみブログ事の顛末★

少し複雑な気分で、この記事を書きます。
以前優良ブログとして紹介し、その直後に商材販売者からの嫌がらせで消されたと思っていたあさみのチャレンジFXという為替ブログについてなのですが、巨大匿名掲示板2ちゃんねるでは、ある疑惑が指摘されています。
というのも、あさみさんのプロフィールと似た管理人で、且つ記事の文体もそっくり、そして限定会員を募集したあとブログを抹消という、似たようなことをした方が2人おられるそうです。
優良ブログとして紹介したのだけど、もしかしたら個人情報を集める為の詐欺ブログだったのかもしれません。
紹介した時点では、非常に良い内容の記事だったので、そんな事を疑いもしませんでした。
今の時点ではあのブログが詐欺だったのかどうかはわかりませんが、そのように疑われるブログを紹介した事は反省しています。
ブログとか、HPとか、そこに書いてあることが真実かどうかは、私自身で判断していますが、こんな事があると、わけがわからなくなってしまいます。
最近の天気のように、ちょっと気持ちがぐずついています。

スポンサーサイト
【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★発売決定!新版 魔術師たちの心理学★

投資関係基本書として右カラムで紹介していた魔術師たちの心理学が新版となって来年早々にも登場するようです。
基本書として、また投資関係の良書として人気のある書籍でしたが、その内容の良さとともに、翻訳のボロボロさでも有名でした。
今回は新訳ということのようですので、そのあたり改善されているといいなあ。
ただ、翻訳者は同じなので、過度の期待はいたしません。
内容は、かなり増えているようなので、これから購入されるというかたは新版を買った方がお得ではないでしょうか?

きんざいの先物市場のテクニカル分析も新しい版がでないでしょうかね(笑)。

1月15日訂正
翻訳者が変わっていました。第2版を翻訳しているようです。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★グランビルの法則とは(2)★

グランビルは移動平均と株価の関係から、グランビルの法則と呼ばれる経験則を導き出しました。
彼が使用したのは株価と200日移動平均で、その関係から4つの買い法則と4つの売り法則が生まれました。
人によってはグランビルの8法則と呼んだりしています。

グランビルがなぜ200日移動平均という長期移動平均を使用したのか、その理由は私にはわかりません。
しかし、長期移動平均に限らず、短期でも、中期でも、グランビルの法則は有効だと思います。
それは私自身の経験則なのですけどね(笑)。
私だけでなく、他の多くの方もグランビルの法則について語っているところをみると、普遍的に有効な法則だと確信しています。

今回はちょっと力尽きたので、ここまでにしておきましょう。
(実はまだ説明の為の図を作っていないのです。ごめんなさい。)

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★グランビルの法則とは★

グランビルの法則を知らないという人は少ないと思います。
内容は知らなくても、名前ぐらいは聞いたことがあるのでは?
特にチャート分析を主に為替取引、株取引をされている方はご存知ではないでしょうか。
この法則は、古典的チャート分析法の一つなのですが、テクニカル分析の本などにはあまり掲載されていません。
しかし、有効であるからこそ、現在でも残っているのです。

グランビルの法則とは、アメリカの株式アナリスト、ジョセフ・E・グランビル(Joseph E. Granville)が、移動平均線と株価の関係から導きだした経験則です。
経験則という点が、多少あいまいさを生み出しているので、有名であってもいまひとつ話題にならない理由かもしれませんね。
また、グランビル氏のアナリストとしての評価が決して良いものではないという事も影響していると思います。

彼は1960年代にウォール街のハットン・デイリー・マーケット・ワイヤー通信社の記者でしたが、チャート分析による様々な投資理論を提唱しており、グランビルの法則以外にはOBV(On Balance Volume)というテクニカル分析が有名です。
OBV自体は各種チャートソフトにデフォルトで搭載されている事も多いです。

グランビル氏についてのお話はこの程度にしておきましょう。
次回の記事ではグランビルの法則そのものを説明したいと思います。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★情報商材に何をもとめるのか★

しばらく前に紹介したあさみのチャレンジFX!が消滅してしまったことに、ショックを受けています。
原因は情報商材をめぐるやり取りだったと私は思っています。
あさみさんの情報商材批判記事に対する商材擁護派のコメントや嫌がらせによって、彼女の優れたブログが潰されてしまったと私は理解しています。
彼女の記事(すでに消されてしまっていますが)で、商材販売者、作成者に求められたバックテストの結果は、もっともな事だと思います。
バックテストの結果も提出できないで、この商材は儲かります、などと宣伝することは、やはり商材否定派の方が言われるように、詐欺と判断されても仕方ありません。

様々な掲示板を見ると、現在でも多くの方が情報商材に対する情報(変な言い回しですね)を求めています。
ですが、現実は、単純に儲かるのかどうかという情報でさえも、その商材を実際に検証した方にしか分かりません。
商材検証ブログなどというものもありますが、内容を読むと、なんだか商材の宣伝をしているようで、それも信用できません。
あさみさんのブログ上でのやり取りをみると、販売者、作成者が検証した上で販売しているわけでないと疑われて当然でしょう。
販売者が検証結果を提供できないなんて言語道断だと思います。

以前から私が主張しているように、利益がでるのかどうか分からない商材を何万円も出して買うよりは、一般の書店で販売されてる数千円の書籍を購入し、やはり利益がでるかどうか分からない手法を自分で検証した方が何百倍も自分のためになります。

どうか、検証する手間を、そして努力を惜しまないでください。
努力された方には、必ず何らかの結果がもたらされます。
そして、当然ながら、他人を貶めるような方々にも、それ相応の結果がもたらされるはずです。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★モメンタム:メモ書き程度解説★

昨日斜め読みしたバーンスタインのトレード入門に出てきた用語、というかテクニカル。
メモ書き程度の解説を記しておきます。

モメンタム(momenntum)
相場の値動きの勢いを見るために使用するオシレーター。
導き出すのは簡単です。

現在の価格-n日前の価格(nは任意の数字)

ちなみに私は使用していません。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★斜め読み!バーンスタインのトレイダー入門★

仕事帰りに書店でさっと読んできました。
気になったのはモメンタムと価格のダイバージェンスを利用しての取引についてですね。
その他、デイトレード入門等にも記載されていた内容に近いものもあります。
30日で経済的自立を果たす・・・という趣旨で簡潔にまとめられていますが、果たして30日で可能かどうかは、あなたの運次第でしょうね。
ところどころに、しっかり練習しましょう的な記述があるのは笑ってしまいました。
きっと書かれた本人も、30日じゃ無理だと思っているのではないでしょうか(笑)。

追記:
移動平均のチャネルを利用したトレードについても触れてます。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★年金問題解決は選挙の為のリップサービス★

遂に本音を吐いた大臣も出現しました。
年金問題完全解決は選挙のためのリップサービスだそうです。
自民党の利権を守る為に、私達はだまされたわけですね。
少なくとも自民党を支持しない私は、だまされました。
他にも、今になって、舛添氏なども、すべて出来ると思っていないとか、公約としていっていた3月までには全部終わらないとか言い出し始めてます。
最初から、できないならできないと、言えばいいのに、それも選挙対策、支持率のためだったのですね。
官僚とよばれる人々に私達の大切な税金は無駄に使われているという気持ちがますますつよくなりました。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★為替商材販売者による嫌がらせ?★

久しぶりに良いブログを見つけた~と思って、簡単に記事にメモしておいた、あさみのチャレンジFX!様が、一週間もたたず、更新停止→アングラ化してしまいました。
過去記事を読むと、為替商材に対する批判に対するコメント等に疲れてしまったのかと思いました。
私も商材批判は結構するほうなので、ものすごく共感を覚えていたのですけど、残念です。
どうやら100名限定の会員サイトになってしまうそうなのですが、私が気がついたときには、既に会員募集も終了してしまっていたので、今後どのような活動をされるかわかりません。
また、どこかでお目にかかれることを祈っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。