ここでは、【のんびり学ぶFX☆為替相場練習帳】での[2008年10月 ] に掲載した記事を表示しています。
【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】
■このブログを立ち上げた目的は過去の自分と同じような理由で迷っている多くの人達が、利益を残せる為替トレーダーとなるための道標として、参考にしていただける記事を掲載することにあります。

【注目の記事】
為替相場で利益を出す!
初心者、上手くいかない方にお勧め記事!
為替相場で負ける理由
どうして手法を過去検証するのか?
取引手法の過去検証で何を得るのか
儲かる手法を見極める基準
儲かる手法を見極める基準(の続き)

ダウ理論
テクニカル分析基本の基本!いつも頭の片隅に!
テクニカル分析の元祖
ダウ理論の基本法則(1)
ダウ理論の基本法則(2)
ダウ理論の基本法則(3)
ダウ理論の基本法則(4)
ダウ理論の基本法則(5)
ダウ理論の基本法則(6)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

大阪現職教員の野次と国会議員の野次

大阪府の橋本知事が出席された懇談会の中継のニュースを見ましたが、現職教員の激しい野次に対応している橋本知事の姿がクローズアップされていましたね。
人が話しているときは、話を聞きなさいと道徳の時間にしつこく叩き込まれた私にとっては、あの教員達の野次は異様な光景です。

コミュニケーションは人の話を聞くことから始まると思うのですが、あの場面にうつっていた大阪の教員の方々は最初からそれを拒否しているように思えます。
橋本知事が言っていた(?)ようにあんな人たちが教師であるということ自体が、そもそもの問題なんだろうと感じました。
また某大臣が辞職するきっかけになった日教組に対する発言も、彼ら教師の姿を見ると、そのとうりと思います。
日教組が道徳教育をないがしろにした結果が、そこに現れていました。

あのニュースを見て、即思い浮かべたのは国会中継における国会議員達の野次なのですが、誰も疑問に思わないのでしょうか?
なぜ、あんな野次が飛ぶのでしょう。
自分達と主張が異なれば、野次を飛ばしていいのでしょうか?

日本のトップに位置する人々の品格は、あの程度のものなんでしょうかねえ。

所詮、日本人も、レベルの低い民族と周辺国家から思われているのではないかと心配します。

追記

相変わらず代替機を使用しており、なかなか更新する気にもなれないので、このところブログは放置しております。
内容がないというコメントが沸いてきていますが(笑)、お好きにしてくださいという気持ちですね。
ただし、アダルト系のコメントはできればご遠慮願います(笑)。

スポンサーサイト
【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

パソコン壊しました(涙)

ノートパソコンのハードディスクを飛ばしてしまいました。
この記事はネットカフェから書き込んでいます。

ポジションがなかったのが幸いです。

ハードディスクを交換すれば良いのですが、データ救出のため、専門業者に依頼してますので、当分の間、パソコンなしの生活を強いられそうです。
代替機は来週以降でないと手に入らなさそうだし・・・。

しばらく記事の更新もトレードも、その他いろいろお休みします。
飛んだのが口座じゃなくて、本当に良かったです。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

トレーダーは簡単になれる

トレーダーには誰でもなる事ができます。
取引会社に口座を開き、入金すれば、それだけであなたもトレーダーです。
今では証拠金1万円程度の取引会社も多いようですので、それこそ誰でもトレーダーになる事が出来るでしょう。

しかし、トレーダーであり続けることは非常に困難な事です。
資金、精神、手法の3つを備えた者でしか、生き残っていく事はできません。

取引を始めて一年後、あなたはまだトレーダーでいることは出来るでしょうか?

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

私の愚かな失敗

久しぶりに愚かな大失敗をしてしまいました。
5分足でポジションを持った後に、睡魔に襲われ寝てしまうという事を仕出かしました。
ポジションは予定どおり大きな含み益を一旦得たものの、現在は大きな含み損を抱えています。
しばらく前に同じ事を仕出かした知りあいのトレーダーを笑ってしまいましたが、まさか私自身がそれを繰り返すとは思いもしませんでした。

今更どうにもならないので、ポジションは損切りしますが、良い教訓を得ました。

短い足でのエントリーは目を離さない。
体調を整える。
自分の生活時間帯の中で取引する。
等等。

他人の失敗を、いくら親しい友人とはいえ、笑ってはいけませんね。
そのまま自分に返ってきてしまいます。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

ルール破りの代償

ルール破りの代償は損失と決まっています。

昨日に引き続きデモトレードをしてみましたが、12回のトレードで、差し引き2pipsでした(笑)。
薄利で終わった原因のひとつはルールを無視してしまったこと。
そして更に大きな原因は余裕の無い時間にトレードしてしまった事です。
やはりデイトレード、というか5分足のような短い足のトレードは集中してチャートを見ることが出来ないと難しいですね。
チャートを凝視(笑)していた時間帯に限ってはプラスでしたので、引き続き、この手法でデモトレードをしてみようと思います。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

5分足の攻防(その2)

デイトレード研究の一環として5分足を見ていますが、今日は簡単なシステムを組んでデモトレードを行いました。
システムと言っても、ほとんど裁量と変わりません(笑)。
ストキャスティックを見ながらエントリーしているのですが、まあ、半分裁量的な感じです。
決済は戻り具合などを見ながらなので、完全裁量。
しかし、ロンドン時間のドル暴落とその戻りで大きく取る事が出来ました。
また、それ以外にもちょこまかと掠め取るような感じでトータルでは350pips程度のプラスです。
もちろん、損切りしたのも結構あります。
デイトレードというよりもスキャルピングといった感覚なんでしょうか。
チャートを食い入るように見ていますので、非常に疲れます。

今日はたまたま大きく取れたのでプラスでしたが、もうしばらくデモでこの方法でやってみないと使えるものかどうか判断できませんね。
また、大きなトレンドと逆方向にも本日はエントリーしましたが、それがいつも通用するのかどうか、まだまだ研究検証の余地はあります。

・関連記事

5分足の攻防

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

また中国・・・

スーパーで市販されている中国製あんからトルエンが検出されたようです。

食品には入れる事のない物質ということで、また故意の混入なのでしょうか。
しばらく前にも中国製の業務用あんを味見した方が2名入院しています。
食品利用による中国のテロ、と断言したくなります。

まあ、メラミンについては中国国内の方が被害が大きいようですが、毒餃子といい自分以外の人間は死んでもかまわないと考えているのは確かです。
もちろん、日本人にだって、そういう人はいますけどね。
極論ですけど、偽装米だって同じ。

東京都知事のように、中国の民意が低いというつもりはあまりありませんが、自己中心的なのは確かでしょう。
世界的にそんな人間が増えているのかもしれませんが、世界最大の人口を誇る中国なので、当然、そういう人間も沢山いるでしょう。

当分、チャイナ・フリーは継続です。

・関連記事

やはり中国
チャイナフリー
毒餃子~中国発冷凍食品はもう食べれない

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

日々新たな気持ちで!

損失を出した次の日、あなたはどんな気持ちで目覚めますか?
やはり憂鬱な気分で目が覚めるのでしょうか。
もし、そんな気分を引きずっているなら、今日の取引は見合わせたほうが良いでしょう。
迷いや、焦り、そんな感情に惑わされ、正常な判断が出来ない恐れがあります。
もちろん、あなたが上級者であれば、そんな感情に惑わされる事はないでしょうね。

私は専業ではありませんので、当然、本職があります。
もし、トレードで憂鬱な気持ちになったまま、本職に移行したらどうでしょう。
結果は言わなくても分かりますね。
上手く行かないのは目に見えてます。

損失を出したトレードも、しっかり記録を取って、内容を見直したら、負の感情は忘れてしまいましょう。
気分を変えること。
周りの人にも、あなた自身にとっても、それは非常に大切な事です。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

わからない通貨には手をださない

わからない通貨には手をださない。

至言ではないでしょうか。
単純に言ってしまえば、トレンドがはっきりしない時には無理して取引しない事です。
また、トレンドが分からない通貨にも手をださない。
逆に言えば、トレンドがはっきりしている通貨を選びましょうという事ですね。

人によっては取引するのに得意な通貨、好みの通貨があると思いますが、無理矢理取引しなければならない理由はありません。
自分が取引できる環境が整ったときにエントリーすればいいのです。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

慌てて取引しない

相場が激しく動いてるときに、その動きに乗り遅れたくなくて、何も考えずに注文してしまったことはありませんか。

私は初心者の頃、とにかく注文しないと利益を逃すのではないかという脅迫観念に襲われて、何も考えずに注文した事が数多くあります。
当然、そのほとんどは負けトレードとなりましたし、利益が出た取引も薄利で、まさしく損大利少の典型的なトレーダーでした。

何度も同じ事を繰り返し、それなりの損失を出した頃に、ようやく学んだ事は、慌てて取引しないという事。

常にチャートを見ているわけではありませんので、仕事から帰ってきて、チャートを開いた時に、まずする事は相場の分析です。
ロンドン~NY時間に帰ってきますので、大きく相場が動いている事も多いですが、いきなり注文はしません。
各通貨ペアの全体の流れを確認し、支持線抵抗線の位置を確認し、実際に取引する時間足でエントリー出来るポイントに来るまで待ちます。
もちろん、エントリーできないこともあります。

こんな風にじっくり腰を据えて取引するようになれるまで、かなり時間はかかりましたが、取引結果は向上しました。

同じような事を何度も繰り返して記事にしていますが(笑)、慌てないって事ですね。

重要な事だと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。