ここでは、【のんびり学ぶFX☆為替相場練習帳】での[2009年05月 ] に掲載した記事を表示しています。
【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】
■このブログを立ち上げた目的は過去の自分と同じような理由で迷っている多くの人達が、利益を残せる為替トレーダーとなるための道標として、参考にしていただける記事を掲載することにあります。

【注目の記事】
為替相場で利益を出す!
初心者、上手くいかない方にお勧め記事!
為替相場で負ける理由
どうして手法を過去検証するのか?
取引手法の過去検証で何を得るのか
儲かる手法を見極める基準
儲かる手法を見極める基準(の続き)

ダウ理論
テクニカル分析基本の基本!いつも頭の片隅に!
テクニカル分析の元祖
ダウ理論の基本法則(1)
ダウ理論の基本法則(2)
ダウ理論の基本法則(3)
ダウ理論の基本法則(4)
ダウ理論の基本法則(5)
ダウ理論の基本法則(6)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

行動する

あなたがしなければならないことはチャートを開き、取引画面を開いて、注文することです。
それがデモでも構いません。
(現在の私は小額からのリアルトレードが良いと思っています)
とにかく、手を動かし、行動しましょう。
そして失敗しても、その結果を受け入れ、なぜ失敗したのか考えましょう。
その行動が次ぎの利益につながると信じて、続けるのです。
本を読んで、ネットで学んで、理解したつもりになっていてはいけません。

スポンサーサイト
【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

トレードの結果は自分の心次第

損小利大を目指すなら、利が乗ったポジションをどこまで伸ばせるかということになる。
良く薄利決済という言葉を見かけるが、それは結局、利を伸ばせなかった時の言い訳でしかない。
トレンドに乗り、そのトレンドをどこまで追いかけることが出来るのか。
それは、やはり腹を据えてトレードすることなのだろう。
そうすれば薄利決済されたとしても、再びそのトレンドに乗ることが出来るはず。
薄利で満足していたら、損小利大なんて無理な話だ。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

私がルールを守る大切さを知った瞬間

これは過去の実体験です。

私のトレードが結果を残せるようになってきた頃のことです。
つまり利益が損失を上回るようになったということですが、かつて失った原資も、回復できるんじゃないかと希望を抱けるようになっていました。

こつこつと、少しずつ、トレードで利益を出す毎日が続きました。
もちろん、損失で終わる日もありましたが、週が終わってみれば利益になっており、確実に収益曲線が上向きに変わってきたことを実感していました。

そんなある日。

いつものようにトレードし、いつものように損切しました。
その時、他の通貨がどうなっているのか、見たのがいけませんでした。

当時私がトレードしていた通貨と相関性のあるそのペアはものすごい勢いで動いていました。 見る間に10、20、30pipsと動いていきます。

これは、損切した分を取り戻せる!

そう判断した私は即座にポジションを持ちました。

しかし、ポジションを取ったときには、見事に最安値で売っていました(泣笑)。
今度は見る間に上がっていきます。
なんだか目の前が赤くなっています。

損切ドテンしました。

そしたら、今度は下がっていきます。

いわゆる往復ビンタを食らった状態です。

また、損切。

そこでようやく私は冷静になってチャートを見ることが出来ました。
値動きは荒く、そして、これは私が参加できる状況ではないと判断。

口座残高を見ると、その前の週に、毎日、大きく積み上げた数十万の利益が数分で消えていました。

でも、かろうじて、利益は残っていました。

その時初めて、私は一時の感情に動かされてトレードしたことを恥じました。
ルールを守ってトレードしている間は利益を伸ばしていたのに、ほんの一瞬の心の迷いが、ルールを守って得た利益を失うという最悪の結果を産んだことを理解していました。

それからです。

ルールを守って取引する大切さを実感したのは。

かつて大きく原資を割り込む損失を出したとき、私にはルールというか、手法自体もありませんでした。
そこから迷い、混乱し、ようやくトレードとは何なのか、掴めてきたときに、手法を持っていてもルールを守らなければ意味が無いことを身をもって体験しました。

以来、私のトレードに対する姿勢は一貫しています。
損失を出しても、利益をだしても、同じルールで取引を続けています。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

取引手法なんて関係ない

手法にこだわるから勝てない。
勝ち負けと白黒はっきりさせるのは本意ではないけど、結局誰にでも明白に分かる基準というのは、口座残高が増えていくのか、減っていくのかということ。

検証を繰り返して、勝てる!(これは勝率が高いということではない)、と思えた手法でもリアルで運用すると意外に利益が出ない。

どうしてかというと、それは検証時のルールをしっかり守れないから。
損切が遅れたり、利食いが早すぎたりするからです。

では、どうすればルールを守ることが出来るのかというと、それは、もう技術の問題ではなく、取引する、あなたの心の中の問題なのだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。