ここでは、【のんびり学ぶFX☆為替相場練習帳】での[2009年08月 ] に掲載した記事を表示しています。
【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】
■このブログを立ち上げた目的は過去の自分と同じような理由で迷っている多くの人達が、利益を残せる為替トレーダーとなるための道標として、参考にしていただける記事を掲載することにあります。

【注目の記事】
為替相場で利益を出す!
初心者、上手くいかない方にお勧め記事!
為替相場で負ける理由
どうして手法を過去検証するのか?
取引手法の過去検証で何を得るのか
儲かる手法を見極める基準
儲かる手法を見極める基準(の続き)

ダウ理論
テクニカル分析基本の基本!いつも頭の片隅に!
テクニカル分析の元祖
ダウ理論の基本法則(1)
ダウ理論の基本法則(2)
ダウ理論の基本法則(3)
ダウ理論の基本法則(4)
ダウ理論の基本法則(5)
ダウ理論の基本法則(6)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

民主党には絶対投票しない

いよいよ本日は投票日、ということで昨日はあちらこちらで候補者の方々を見ることができました。
正直、どの候補者、どの政党も、これといった特徴がありません。
この人たちに任せたいと思うようなものがない、というのが、まあ、いつもどおり。
しかし、マニュフェストが発表された時点で、ここだけは絶対投票することは無いだろうというところが決まっていました。

もちろん、民主党(笑)。
世論調査では、圧倒的強さで、今回は政権を取りそうなんですが、私は彼らに投票することはありません。

その理由は彼らの教育政策に反対だからです。
やっぱり支持母体が日教組だからでしょうねえ。
日本の教育レベルを低下させようとするような政策を立てる党を絶対支持しません。
国歌、国旗を疎かにし、愛国心を否定する団体には協力したくありません。

というわけで、私は本日の選挙では民主党以外の政党に投票します。

参考に民主党の暗黒面を追及するサイトへリンクを張っておきます。
国民が知らない反日の実態

スポンサーサイト
【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

市場のリズムを読む

海外のサイトで見かけた4 Hour MACD Forex Strategy(4時間足MACD手法とでもいうのかな)というPDFを読んでいます。
その関連文書などもまとめて読んでいるのですが、私のお粗末な英語力では完訳などは夢の夢。
しかし、辞書を片手に少しずつ意味を把握しています。
その中で作者がサインに従うだけでは駄目だという意味のことを述べています。
つまりトレンドラインや、支持線、抵抗線、移動平均線を検討して、それに沿ってサインを選別しなければならないという意味だと思います。
その事を作者はMarket Rhythm(市場のリズム)と呼び、詳しく解説されています。
どうして、わざわざそんな事を解説したのかというと、フォーラムにおいて、あまりにも多くの人がサインばかりに注目して失敗しているからだそうです。

私自身にも、思い当たるような出来事ですね。
以前は確かにエントリーのサインばかり気にしていました。

そのとおりです。
市場のリズムを読むことが大切です。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

FXのレバレッジに上限導入決定

以前からレバレッジに上限を設定するということは言われていましたが、遂に決定したようですね。
金融庁の発表ですと、2010年の8月1日からレバレッジの上限は経過措置として50倍とし、2011年8月1日からは上限を25倍まで引き下げるようです。

私としては、レバレッジが10倍を越えることなんてありませんので、何にも関係ないな~という感想です。

外国の証券会社に乗り換える人が増えるとも言われていますが、そこまで面倒なことをして高レバレッジで取引したい人って、少ないと思うのですがどうなんでしょう。

【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

どうして既存の手法を再度自分で検証するのか

既出の手法を再検証する理由です。

まず、その手法が本当に利益を出せる手法であるのか確認する必要があるからです。
トータルで利益が出るようなものであれば問題ありません。

そしてドローダウンの大きさを確認します。
もちろん、将来のことは分かりませんが、過去の大きさは検証すればわかります。
それを知ることによって、ある程度のリスクを覚悟します。
トレンドフォローであれば、勝率自体はそれほど高くないでしょう。

しかし勝率が高くないということは、負けが続くということです。
でも、利益が出せる手法であれば、利が乗ったときにはそれまでの損失を補えます。
自分で検証をしない人はそれがわからない。
負けが続くと使えない手法と思ってしまう。

情報商材にも利益が出せる手法がありますが、やはり自分で検証しない人は、負けが続くと使えないと、放り投げてしまい詐欺呼ばわりでしょうねえ(笑)。

私が検証しようとしている手法も、無料ではなく、有料でしたら詐欺商材呼ばわりかな(爆)。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。