【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】★ナンピンの意味★

ここでは、【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】★ナンピンの意味★ に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★ナンピンの意味★

為替相場でも株でも使われるナンピンという言葉があります。
難平のカナ書きで、ナン(難)は損で、損を平均することなのですが、売買手法の一つといっても良いかと思います。
たとえばドル円を120円で買っていたとして、レートが下がり110円になったときにさらに買い増しをします。
すると買い値の平均は115円となります。
ナンピンしなければドル円が120円を越えるまでは利益になりませんが、ナンピンしていれば115円を越えたところで利益が出ることになります。
ナンピン買いは、時としては大きな利益をもたらす場合もありますが、買い増す資金が続かなければ失敗に終わる可能性が高い手法です。
また、トレンドに逆行しているので、トレンドが反転するまで利益はでません。
トレンドが反転するという確信を持っている場合は別ですが、何の根拠も無い場合、損失を大きくするだけだと思います。
さらに、トレンドが反転するまで、投資資金を動かすことが出来ない、いわゆる塩漬けといった状況を耐えなければなりませんので、心理的な負担も非常に大きいと思います。

私は決してナンピンをする行為を推奨しません。
また、トレンドが反転するという確証があってナンピンするという行為を止めはしませんが損切りポイントを決めておくこと、必ずそこで損切りするという場合以外は自殺行為だと思っています。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nodame1966.blog84.fc2.com/tb.php/163-d13d014c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。