余剰資金で取引する~【絶対もうけるFX☆為替相場練習帳】

ここでは、余剰資金で取引する~【絶対もうけるFX☆為替相場練習帳】 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【絶対もうけるFX☆為替相場練習帳】

余剰資金で取引する

私の持つお金には生活資金と余剰資金があります。
生活資金は、その中から日々の食費、光熱費、交通費、税金等が支払われる既に使い道が決まっているお金です。
余剰資金は収入の中から生活費を除いた残りですが、それは趣味や娯楽にかかる費用とか、少ないですが定期的な貯金などに使用しています。

当然、外国為替証拠金取引に使用するお金は余剰資金の中から捻出するわけですが、そもそも最初に始めようと思ったときには、私の中にそんな余裕はありませんでした。

漠然と将来に対する備えのつもりで貯金はあったわけですが、特に具体的な使い道がないにも関わらず、無くす恐怖に手をつけることが出来ませんでした。
今も、もちろん貯金に対して、それを投資に使おうという気持ちはありません。

では、どうやって投資用のお金を作り出したかというと、休日に短期のアルバイトをしました。
いまでこそ、少ない証拠金ではじめることが出来る会社も多いですが、当時は最低10万円は入金しないと口座を開く事もできませんでしたので、休みの日ごとに少しづつアルバイトで資金を溜めていきました。半年はやったでしょうか。

と、個人的な経験を書き連ねてしまいましたが、何が言いたいかというと、投資は余剰資金で始めるべきで、しかも無くしても困らない資金でやるべきだという事です。

今では使い道のないお金なら投資に回しても良いと思いますが、当時はそこまで割り切ることができなかったし、利益をだせるかどうかもわからない事にお金を捨てる(と感じた)わけにはいかないと思ったのでしょう。

と、ここまで書いて、とんでもないことに気づかれた方はいらっしゃるでしょうか?

当時の私は、アルバイトで得た給料は、無くしても良いなどと一段低く見ていたのですね。
お金に対して大変失礼な考え方をしていました。
もちろん、今は、労働(勤労)で得たお金は同等の価値を持つ事を理解しています。
本当に間違った考えを持っていました。
ごめんなさい・・・(とお金に対して謝ります)。
今とはまったくお金に対する考え方が違っていましたね。
でも、お金に対して誤解を持っていたおかげで、私は背中を押され外国為替証拠金取引の世界に飛び込みました。

しかし増減しても生活に影響のない資金で始めたにも関わらず、損失を出しつづけた当時は恐怖に震えました。
ロスカットされたらどうしようと毎日考えた事もあります。
まあ、ロスカットされても、わずかな資金は残ると思いますが・・・。

投資に生活資金や学資をつぎ込んでいる人もいますが、(特に主婦で)、余剰資金でも増減に感情を動かされた初心者の経験からして、生活資金が増減する恐怖に震えているのでしょう。
そんな心の状態で冷静な取引が出来るとも思えません。
少なくとも余剰資金(と思えるもの)で、投資全般は始めるのが良いですね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nodame1966.blog84.fc2.com/tb.php/384-9668fbf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。