書評FXトレーディングの真実~【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

ここでは、書評FXトレーディングの真実~【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

書評FXトレーディングの真実

以前取り上げた陳氏の為替本で予告されていた、テクニカルに主眼を置いた著作が予想よりかなり早く出版されたので紹介したいと思います。
きっと、多くのブログで取り上げられていて、いまさら~などと思う方も多いでしょうけど、書きたいことを書くのがブログの目的ですので・・・(笑)。

思うままに書いてみますが、はっきり言って、前著のように面白くありません。
テクニカル分析について書かれているので当然です(笑)。
前著はかなり目から鱗的な部分があり、陳氏のブログの過去記事をかなり見直すきっかけとなりましたし、また読書的な面白さもかなりありましたが、今回はそのようなものはありませんし、そういった読んだ面白さを求める人には不要なものでしょう。

では、どのような人がこの本を買う(または立ち読みするか)というと、やはりテクニカル分析について興味をもっている人なんでしょうねえ。
当然私もその一人ということになります。

しかし、それぞれのテクニカルについての多くは、は既存の書籍で語りつくされているものばかりですし、例えばきんざいのマーフィー本をもっていればテクニカル分析の基本については十分だと思っています。

ただし、陳氏の考えにもとづいた、それぞれのテクニカルの組み合わせ(?)というか、解釈といえばいいのかな、が、私にとっては良い参考になりました。
例えばMAの使い方で、どの時点でポジションを取るかということとか、陳氏の慎重なトレードのスタイルが伺われます。
また、前著でも触れられていたRSIのリバーサルとそのカウント法については多少詳しく解説されています。
私が興味を持ったのはその部分ぐらいでしょうかねえ。
じゃあ、わざわざ買う必要がなかったかといえば、そうでもなく、手軽に持ち運べる書籍ということで、自分のトレードノートとともに、常に見直すための題材としては簡潔にまとまっていて良い気がします。

でも、まずは他の本(マーフィー本レベルですよ!)でテクニカル分析に十分なじんでから読むべき本なのでしょう。

あと、難を言わせて頂けば、前著のような軽い紙質が良かったです。
やたらと分厚い高級な紙を使用されていて、私のように酷使するタイプ(笑)には不便です。
出版社が変わったから仕方ありませんけど。

以上が私の感想ですが、2ちゃんねるでは次のような批判がされているのも見ました。
説明に都合のよいチャートを持ってきているだけ、とか、検証されていない、とか。
私は上記の批判に対しては同意しませんね。
検証するのは、発言者が自ら行うべきことでしょう。
本を読んだだけで、また、それを真似するだけで儲かるなんて考えている人が、未だにいるとは思いませんけど・・・。
そんな方は、陳氏の書籍は陳氏のトレードに関しての考えを述べたに過ぎないと思ったほうが良いでしょうね。

2009/02/20

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nodame1966.blog84.fc2.com/tb.php/446-9fda9745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。