【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】★米貿易赤字5年連続過去最大を更新、これは何をもたらすか?★

ここでは、【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】★米貿易赤字5年連続過去最大を更新、これは何をもたらすか?★ に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【絶対儲けるFX☆為替相場練習帳】

★米貿易赤字5年連続過去最大を更新、これは何をもたらすか?★

アメリカの貿易赤字が5年連続で過去最大を更新しました。
さらに国別では1位の対中国で5年連続、2位の対日本で2年連続の過去最大を更新したようです。

はっきり言ってアメリカという国は自国の抱える問題の解決策を外に求めたがる傾向が強いです。
特に貿易不均衡に関しては、対中国、そして日本に対し圧力が強まってくると思います。
現在の円安状況が、この赤字を増加させている一因でもあるので、短期的には流れが変わる可能性もあります。

為替に関してはさらっと流しますが、貿易不均衡に限らず、アメリカ国内には構造的な問題が多いと、外側から眺めている私は思います。

数年前に話題になったボーリング・フォー・コロンバインという映画をご存知でしょうか。
あの映画は監督がシナリオに沿って様々な映像を編集した半分フィクションといえる作品ですが、アメリカでなぜ銃が規制されないのか、という理由を私達に分かりやすく示してくれました。
簡単に言えば力(お金)のある組織が政治家を動かしているということです。
映画に描かれた全米ライフル協会であるとか、宗教団体のPower For Livingであるとかが自分達にとって良い環境を作り上げる目的で議員に対して寄付をするわけです。
当然寄付を受けた議員は団体のために便宜を図ります。
その構図自体は悪いことでも何でもなく当然の事だと私は理解していますが、作り上げられる環境が万人にとってのものでない事は問題でしょうね。
今後、食肉業界からの圧力で狂牛病の可能性のある牛肉が出回ったりとかするのでしょうか。
かなり怖いです。
輸入販売する方たちの良識を信じるしかありませんね。

日本でも直接目に見えてこないだけで状況は同じかもしれません。
どうせなら私達も力をつけて、政策に携わるようになれれば良いと思います。
外国為替証拠金取引はそのためのひとつの道だと信じています。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nodame1966.blog84.fc2.com/tb.php/97-7b342ac2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。